鈑金塗装|京都でカーコーティング・鈑金塗装なら【HEROES】へ!

鈑金塗装

鈑金塗装は専門店にお任せ下さい。 京都(綾部・福知山)にお住いの方はHEROESまで!

事故や傷ついたお車の鈑金塗装は車を購入したお店やディーラーに依頼される方が多いと思います。
しかし、販売店は鈑金塗装設備があるところが少なく、ほとんどが外注作業となってしまいます。
知って頂きたいことは、お客様が余分な中間マージンを販売店に支払ってしまうということです。
また、お客様の細かいご要望も伝えにくいため、妥協して販売店任せになってしまいがちです。
そこで、お客様が鈑金塗装工場に直接入庫して頂ければ中間マージンは発生しないため、同じ施工内容でありながら販売店に依頼するよりもお安くなります。そして施工者に直接ご要望を伝えることができ、心から満足できる仕上がりをお約束することが出来ます。
“まず一度HEROESにご連絡ください”

鈑金塗装について

Q.質問 そもそも「鈑金塗装」って何だろう? A.答え 鈑金塗装とは、ダメージを受けた自動車の外装パーツなどをきれいに修理・再生する作業です。
車が事故や不注意で凹みやキズがついてしまった場合、鈑金修理でキレイに直すことが出来ます。
損傷部分が激しい場合は、パーツごとの交換になることもありますが、現物を修復再生させることも可能です。交換となった場合でも、中古(リサイクル)パーツを活用し安価に修理することも出来ます。
塗装の範囲についても、パネル全体を塗装することも出来ますが、極力最小限の範囲に抑えて違和感なく綺麗にぼかす事も可能です。このように一言で鈑金塗装といっても、傷やへこみの範囲や状態によって、またご予算やお客様のご要望に応じて様々な手段方法があります。
HEROESは技術・知識・設備を駆使して、様々なケースに対応してまいりました。
もちろん、どのようなケースに対しても、仕上がりを抜群にキレイすることをお約束いたします。

HEROESの塗料について

HEROESでは、京都において他社に先がけて水性塗料「R-M オニキスHD」を使用しています。特に綾部市で水性塗料を使用しているのは当社のみです。
「R-M オニキスHD」は従来の溶剤系塗料と比較し環境と人体に優しく、今後施行される法規制にも対応しています。
既にトヨタをはじめ、多くの自動車メーカーが新車ラインで水性塗料を使用していますので、補修の際も水性塗料を使用した方が違和感なく綺麗に補修出来ます。
また、高級外国車メーカーの多くは「R-M オニキスHD」を補修時の指定塗料にしており、その発色性・ツヤ感・塗膜強度など全てにおいて世界最高水準の水性塗料です。
さらに、水性塗料はシンナー臭(異臭)がないので、特に小さなお子様がいらっしゃるご家庭にも喜ばれています。
京都にお住まい(特に綾部・福知山)でお車の傷やへこみを直したいとお考えの方、世界最高峰の塗料で全塗装やカスタムペイントをお考えの方、ぜひHEROESをご利用下さい。まずは無料見積もりにてご相談させて頂きます。もちろん京都以外の遠方からのお問い合わせやご来店も大歓迎です。

塗装設備について

水性塗料対応プッシュプル方式(圧送式)塗装ブース

京都北部の綾部・福知山を中心に鈑金塗装の実績は5000台以上の職人と最高ランクの設備が整っています。
まずは、地域最大級の広さを誇る最新の本格塗装ブースを完備しています。
海外メーカーの多い中、信頼のある日本製塗装ブースです。
十分な作業スペースと太陽光に負けない明るさを確保し、季節を問わず塗装に最適な状態を保ち、常に内圧をコンピュ―タ―制御することで異物(塵)の付着を防ぎます。
塗装後は約60℃で強制焼付乾燥させる事が出来ます。
このように、あなたの愛車を綺麗に仕上げる為、最高の環境で作業させて頂きます。
室内有効寸法:7,000mm×4,500mm×2,775mm
※室内有効寸法は(奥行き)×(横幅)×(高さ)となっております。

パーツ塗装・パウダーコート用アコーデオン式塗装ブース

こちらも十分にメインとして使える広さと性能を備えていますが、HEROESでは主にパーツやサフェ―サ―(下地)を塗装する場合に使用しています。
また排気性を活かし、パウダーコート(粉末塗装)のメインブースとしても使用します。
最大室内有効寸法:6,650mm×3,800mm×2,300mm
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい!

TEL0773-48-0777

【営業時間】 8:00~19:00 【定休日】 無し
京都府綾部市でカーコーティングや鈑金塗装なら
【HEROES】にお任せ下さい
皆様からのご依頼を心よりお待ちしています。
お問い合わせはこちら
  • tsunagu

すぐに修理したい方はこちら

s_mail_off.jpg

ページの先頭へ